2001文字劇場

ここに綴ってゆく非・常識な物語は いずれも一話2001文字で完結するショートショート。 そして、それだけがこの世界に定められた唯一の法則。

全話、スペースや感嘆符も含めて2001文字での完結を前提で創作されています。ちょっとした待ち時間に、気分転換に、ケッタイナ物語の世界へどうぞ。

突然だった。いつものように風呂でシャンプーしていた時、それは起こった。 ...

「今週こそ」と、男はいつものように柏手(かしわで)を打つ。「宝くじが当たりますように…」深々と頭を下げる。 ...

人魚の存在が公認されてもう随分になる。はじめは伝説の生き物だという先入観もあってシーラカンスのような化石的生物の再発見という立ち位置で捉えていたが ...

俺にとって彼女はできすぎた恋人だった。一緒に街を歩けばたいていの男は思わず振り返るほど彼女は美しかった。 ...

↑このページのトップヘ